思春期に自分がわきがだと気付き、色々と試しました。

中学生の頃に、自分がわきがなんだということに気づきました。年頃だったので、なんとしてもまわりにバレたくなくて色々とデオドラント系のものを試しました。スプレータイプやシートタイプのもの。1番効果があったのは、直接ワキに塗るスティックタイプのものです。スプレータイプだとたくさん汗をかいた時には匂いが抑えきれませんでしたが、直接塗るタイプだと、しっかりと匂いをシャットアウトできていました。
また、運動をした時の汗ももちろんなんですが、1番匂いがキツかったのは(私は)、緊張などをして、汗をかいた時や、ジメジメした時に汗をかいた時がかなり匂いがキツかったです。なので、特に学校は絶対に塗り忘れがないように気をつけていました。
なんで私だけ…と思春期はすごくすごく悩みました。周りにわきがの人がいなかったので尚更でした。子どもながらに色々とインターネットで調べたりして情報収集をしていました。大人になったら手術をしてわきがを治そうと考えていましたが、成人してからはそんなに汗をかくことがなくなったからか、あまりわきがの匂いを気にすることがなくなりました。たまに、仕事中でもジワっと汗をかいた時などは匂いがすることはありましたが…。なので、今でも予防は怠らずにしています。

 

こちらもおすすめ!→http://xn--t8jdc4ca4vidsmvpgdsj.biz/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です